Google+ Badge

2018年5月24日木曜日

Alfa Romeo 4C KOSHI カーボンパーツ追加しました


Alfa Romeo 4C用KOSHI製ドライカーボンパーツのNEWアイテムを追加いたしました。
外装ではなんと言ってもリアディフューザー。
カーボンの占める面積が大きく、この部分をドライカーボンに交換することでかなり印象も変わりそうです。
アグレッシブなデザイン。

リアディフューザー

リアディフューザーは左右出し純正マフラー、センター出しマフラーどちらにも対応しております。

また、メーカーでは日本のナンバープレートの装着も確認済みとのことです。
純正マフラーにセットした場合
センター出しマフラーにセットした場合
センター部分のフラップディフレクターは、別売りとなっております。
フラップディフレクター


インテリアでは、エアベント一式が揃いました。
エアベントカバーはクーペ用とスパイダー用それぞれ異なりますのでご注意ください。
ディレクショナルエアベントカバー

クーペ用インテリアエアベントカバー
クーペ用インテリアエアベントカバー
スパイダー用インテリアエアベントカバー


スパイダー用インテリアエアベントカバー
また、運転席のメーターを囲むように装着されるインストルメントゲージフレーム、バックサイドインストルメントゲージカバーは、晴天時のフロントスクリーンへの映り込みを考慮し、マット仕上げが標準となりました。
インストルメントゲージフレーム マット仕上げ
バックサイドインストルメントゲージカバー マット仕上げ
2018年アルファロメオ4Cの仕様変更に伴い、新たにドア内にサイドエアバッグが装着されました。
構造上サイドエアバッグ装着車両にはKOSHIドライカーボン製ドアパネルは装着できませんので、お車の仕様をご確認ください。
ドアパネル ブラック
ドアパネル ブラック&レッドコンボ
KOSHI製ドライカーボンパーツはアルファロメオ4Cに限らず、ジュリエッタ、ジュリア他全てお取り扱いしております。
全て受注生産となっておりますので、納期は通常3~5週間程度を予定しております。

お見積りや納期の確認等はお気軽にお問い合わせください。


有限会社エバーグリーンコーポレーション

2018年5月21日月曜日

アルファロメオ4C KOSHIカーボンパーツ装着画像


Alfa Romeo 4C用KOSHIカーボンパーツをお買い上げいただいたお客様より、装着後の画像をお送りいただきましたのでご紹介いたします!

4Cスパイダー用に外装、内装と数多くオーダーいただきました中から、外装パーツの装着写真をお送りいただきました。

フロントフラップスプリッターリップ
こちらは左右分割タイプのフロントリップスポイラー。

リアスポイラー スパイダー用
リアスポイラーはクーペ用とスパイダー用で形状が異なります。

ロールバー&スポイラー
4Cスパイダーでは大きな面積を占めるルーフ後端のロールバーとスポイラー。

トライアングルドアパネル
ロールバー下部の三角形のパーツ。ロールバー&スポイラーとセットでの交換をオススメいたします。


エレガントな4Cスパイダーのフォルムに、上品さを損なわずバランス良くスポーティに仕上げられているところは、オーナー様のセンスを感じます。


続いてはアルファロメオ創業107周年を記念した特別仕様車「4C 107th Edition」に装着していただいた画像です。

フロントスプリッターリップ
こちらは左右一体のフロントリップスポイラー

センターコンソールトンネル
インテリアでも面積の大きいパーツですから、非常に存在感があります。

インテリアドアハンドルカバー レッド
インナードアハンドル レッド
スピーカーフレーム イタリア

エアバックサークルフレーム

元々特別仕様装備のカーボンパーツが奢られた4C 107th Editionに、更に個性的に仕上げるべくオーダーいただきました。
鮮烈なプロトタイプイエローのボディカラーにドライカーボン製の艷やかなパーツは非常に良いアクセントになっています。

この度はたくさんの素晴らしい写真をお送りいただきまして、ありがとうございました!
有限会社エバーグリーンコーポレーションでは、お客様からのお写真等を募集しております。
お送りいただきましたお写真は、BlogやFacebookページ等でご紹介させていただきます。


有限会社エバーグリーンコーポレーション

2018年5月10日木曜日

LENSO RTF × TOYOTA FJ CRUISER


お客様よりLENSO RTF 20インチをトヨタFJクルーザーに装着されたインプレッションをいただきましたのでご紹介いたします。
お買い上げいただいたのは、

LENSO RTF
サイズは20インチ×9.5J オフセット+15mm PCD:6H139.7
カラーはCTEC
(ニューコッパーウィズテクスチャー/リップポリッシュ/コッパーエッジポリッシュ)


スポーク部分はザラッとしたマットな質感ですが、ぐっと落ちこんだリム部分とリムエッジ部分はポリッシュ仕上げで、とても上質なカラーです。


様々なホイールを検討された中で、最終的にLENSOホイールをお選びいただいたポイントは、ズバリ軽さだったそうです。
LENSOホイールは早くからフローフォーミング製法を導入しており、鋳造ホイールながら鍛造ホイールに近い剛性と軽さを実現しています。

国産鍛造ホイールで有名なメーカーの20インチ9.5Jと比べ、LENSO RTFはワンサイズ太い10.0Jにもかかわらずほぼ同じくらいの重量だったというのが決め手になられたそうです。

・LENSO RTF 20x9.5J ET+15 6H139.7 = 12.80 kg.
・LENSO RTC 20x 9.0J ET10 6H139.7 = 12.53 kg.
・LENSO RTC 20x10.5J ET10 6H139.7 = 13.50 kg.
・LENSO RTA 20x 9.0J ET20 6H139.7 = 12.26 kg.
・LENSO RTB 20x 9.0J ET10 6H139.7 = 11.90 kg.
・LENSO Project D Spec H (T) 20x9.0J ET7 6H139.7 = 10.94 kg.
・LENSO Project D Spec H (T) 20x10.5J ET10 6H139.7 = 11.54 kg.

元々装着されていたTRDの16inchアルミ+マッドテレンタイヤで、それぞれ、12kg+28kgで、40kg/本だったものが、
LENSO RTF+普通タイヤに交換され、12.8+15=27.8kg/本
4本1台分で49kgもの軽量化がされたそうです。

その結果、

「走ってみて、加速、減速ともに軽くなりました。
タイヤも種類が変わったので、転がり抵抗が少なく、コロコロとどこまでも転がっていくような印象です笑。
乗り心地も、ゴロゴロしていたのが、氷の上をすぅ~っと滑る感覚に変わりました。」

と体感でもしっかりとその効果を感じられたそうです。


お客様より、写真もいただきましたのでご紹介いたします。



お客様にご紹介いただいたBlogは掲載の許可を頂きましたので、よろしければこちらのリンクからご覧ください。

camingcamiのページ LENSO RT-F 20インチ 9.5J

この度はお買い上げいただきまして誠にありがとうございました。


有限会社エバーグリーンコーポレーション
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...