Google+ Badge

2016年2月25日木曜日

Alfa Romeo 156GTA Bremboキャリパー&ホイール塗装


お客様からご依頼いただき、アルファロメオ156GTA純正Bremboキャリパーとアルミホイールの塗装を施工いたしました。

元々156GTAには赤色のBremboキャリパーが装着されていますが、経年劣化によりクリアが剥がれ塗装が色褪せてしまい、ちょっと残念な状態になってしまうことがしばしば。

今回のお車もそのような状態でしたので、キャリパー塗装をご依頼いただいた際に、思い切って黄色に色替えすることをご提案いたしました。


キャリパー塗装は前後共に耐熱のイエローに。
その際Alfa Romeoのロゴが消えてしまうので、本体をイエローで塗装した後、その上からロゴ部分のみ耐熱ブラックで塗装しました。



2色の塗り分けになりますから手間がかかりますが、アルファロメオのロゴの有り無しは非常に大きなポイントです。
塗装後は今後のブレーキダストに因る汚れと、熱に因るクリアの劣化を考慮して、ガラスコーティングを行いました。



キャリパーと合わせてアルミホイールも純正のシルバーから、Brera SやAlfa 4CのProdrve製ホイールと同じガンメタに塗替えをいたしました。

Prodrive社製アルファロメオ用ホイールは、非常に人気が高い商品ですが、このカラーで塗替えというのは名案だと思います。
いつも以上に時間はかかりましたが、鈍く光るガンメタは素晴らしい仕上がりとなりました。


アルミホイールは塗装後しっかり乾燥させてからガラスコーティングを施工いたしました。
お客様は以前もアルミホイールガラスコーティングをご依頼いただき、その効果に大変喜ばれておりましたので、今回もご依頼いただきました。


新しい塗装ですから先ずはしっかりと埃や油分を落とし、手早く丁寧に、隅々までガラスコーティング剤を塗布しては拭き上げ、塗布しては拭き上げを繰り返します。

本来車のボディに使用する、撥水性と艶出し効果の高い、贅沢なコーティング剤ですが、アルミホイールにも使用しております。

プロユースのコーティング剤ですから、多少コツは必要ですが、その仕上がりはやはりワンランク上のものだと思います。


最後にブレーキキャリパーをしっかりと組み付け、タイヤを組んだホイールを装着して完成です!


ガンメタのホイールの奥に覗く鮮やかなイエローのキャリパーは非常に印象的ですね。
この組み合わせはアルファロメオ4Cのオプション装着車とも同じイメージということで、オーナー様にも大変喜んでいただきました。



ブレーキキャリパー塗装はロゴの製作、耐熱塗料の取り扱い等非常にデリケートな作業となります。
基本的には、キャリパーを取り外した状態でお預かりし、作業に取り掛かります。

キャリパーの仕様、状態によっては作業をお断りする場合もございますので、詳しくはお気軽にお問い合わせください。


有限会社エバーグリーンコーポレーション

2016年2月16日火曜日

Alfa 4Cサスペンションキット オーナー様のインプレッション


先日こちらのブログでご紹介し、大変反響の大きかったアルファロメオ4C用サスペンションキットですが、セッティングも終わり、オーナー様へご納車した後のインプレッションを届けていただきました。

過去様々なお車を乗られた豊富なご経験から、客観的に印象をまとめていただきましたのでご紹介いたします。

---

エバーグリーンで取り寄せてもらったノビテックのダンパーで300kmほど走行してみました。
(主に高速道路ですが)

結果論から言えばノーマルサスペンションで?があった部分がかなり改善されています。

①最大の難点であった轍でステアリングが取られる点ですがこれは大幅に改善されました。
 全くなくなったわけではありませんがノーマル比で1/3くらいの感じです。

少し直進性の悪いFR車程度と思ってください。4Cの車としての性格を考えると完全に なくす事は無理だと思うので納得できるのレベルに収まりました。


②高速域でのフロント荷重の抜けがかなり改善されて直進性が上がりました。
 ①にも関連していると思いますが車高調のダンパーなのでリアはノーマルに近い高さですがフロントはノーマルより1cm程度下げた調整が効いていると思います。


③減衰調整が付いているので(伸び側だけ)走り出しの調整は1/3程度のセットで走りましたが乗り心地は明らかにノーマルよりいいですね。

特に初期作動域がよく動いているのでノーマル サスの路面の細かい凹凸が気にならなくなりました。
伸び側だけの調整機能なのでこれが乗り心地にどれだけ影響しているかわかりませんが。


以上原文のまま
---

普段使いにおいて、直進性が改善したことが随分と大きいようですね。
この点については、前後の車高バランスの改善に加えて、小山自動車さんで調整していただいたアライメントセッティングに依る部分も大きいと思います。
フロントの低さも気にならないようで、大変喜んでいただきました。

また、ダンパー&スプリングを交換したことによるネガは無く、フロントの低さもほとんど気にならないレベルとも付け加えてくださいました。


今後はラジアルタイヤのままでサーキットでのポテンシャルも探っていかれるとの事。
データ取りやセッティング等、出来る限りサポートをさせていただくつもりです。


K様、この度は貴重なご意見をお寄せ頂きありがとうございました!


有限会社エバーグリーンコーポレーション
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...