Google+ Badge

2015年9月25日金曜日

Alfa Romeo MiTo GTAレプリカ Cadamuro Designリアバンパースポイラー装着画像


先日こちらのBlogにてご紹介しました、Cadamuro Design(カダムーロデザイン)Alfa Romeo MiTo用GTAレプリカリアバンパースポイラーですが、お客様から装着画像を送って頂きましたのでご紹介いたします。

このリアバンパースポイラーは専用のRagazzon製リアサイレンサーとセットになっており、リアバンパーの一部をカットしてバンパーの上から被せるように装着するタイプとなります。

また、ノーマルマフラーを加工して、Ragazzon製リアサイレンサーを装着しますが、なんとお客さまご自身でマフラー、スポイラー共に装着されたそうです。


リアバンパースポイラーは事前にガンメタリックに塗装し、お送りしました。
装着にあたり、特に問題はなく、若干マフラー左右の出方の違いがある程度。との事でした。

また、Ragazzon製リアサイレンサーについては、
「音が静かな割りに全域でトルクアップを体感でき、音質も乾いた感じで気持ちが良すぎて大変満足しております。」

と大変喜んでいただきました。
Ragazzon製サイレンサーにはジュリエッタに装着していただいたお客様からも、同様の感想を頂いております。


お客様のAlfa Romeo MiTo、理想のスタイルは幻のMiTo GTAとのこと。
今後のモディファイも非常に楽しみなお車です!

Alfa Romeo MiTo GTA


2015年9月17日木曜日

LENSO RTC マットブラック ハイエースへの装着画像 18×9.0J ET20


お客様より、トヨタハイエースへ LENSO RTC を装着した画像をお送りいただきましたのでご紹介いたします!


 カラー:マットブラック×レッドテキスト

 サイズ:18インチ 9.0J ET20mm 6H139.7 CB106mm



オーバーフェンダー等加工前のスタイルを撮影していただきました。

ホワイトパールクリスタルシャインのボディに、マットブラックのRTCは足元が引き締まり、非常に精悍でカッコ良い仕上がりだと思います。

I様、この度は誠にありがとうございました。






有限会社エバーグリーンコーポレーションでは、お客様からのお送りいただきました装着画像を募集しております!

お送りいただきました画像は、当BlogFacebookページにてご紹介させていただきますので、どしどしお送りください。

2015年9月12日土曜日

Alfa Romeo MiTo ×Cadamuro Design × Ragazzon


Cadamuro Design(カダムーロデザイン)Alfa Romeo MiTo用GTAレプリカリアバンパースポイラーが入荷いたしました。

アルファロメオやフィアットを中心に、アグレッシブなスタイルに仕上げるエアロパーツをリリースしているイタリアのチューナー、Cadamuro DesignのアルファロメオMiTo用リアバンパースポイラー。

最大の特徴は、マフラーをセンター2本出しに改め、その左右にディフューザーを備えたこと。
マフラーはこのエアロパーツの為に開発された、イタリアンマフラーのRagazzon製。

今回はリアバンパースポイラーと合わせて、専用のRagazzonりあサイレンサーもご注文いただきました。



専用のRagazzonリアサイレンサーは、日本での車検対応品であるEマーク付。



リアバンパースポイラーは、無塗装のFRPですから基本的に塗装が必要です。


リアバンパースポイラーは、オリジナルのリアバンパーを加工し、Ragazzonリアサイレンサーを取り付け、その上から被せるように装着します。




今回は、お客様のご希望が、

遠目からだとカーボンのようにも見える微妙な色合いのガンメタ

ということでしたので、茶色みを抑えて暗めのガンメタで塗装いたしました。


FRP製エアロパーツを塗装する場合は、綺麗に仕上げるために塗装前の下地処理をお勧めしております。
こちらの製品はFRPに鬆す)が多く見られたため、綺麗に下地処理を施しました。
鬆は見られたものの、製品自体は強度も確保されしっかりとした物でした。

こちらが装着イメージです。
大人しいMiToのリアスタイルがアグレッシブな印象に様変わりしますね。
また、全体のスタイルとのバランスも良く、見事な調和を保っていると思います。

Cadamuro Design Alfa Romeo MiTo GTAレプリカ

Cadamuro Design Alfa Romeo MiTo GTAレプリカ


有限会社エバーグリーンコーポレーションでは、Cadamuro Designをはじめとして、お客様からのご希望の商品を海外から直接お取り寄せしております。
気になる商品がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。


有限会社エバーグリーンコーポレーション

2015年9月4日金曜日

ハイグリップラジアルタイヤGT Radial SX2のご紹介


ミシュランタイヤの委託製造を続けていたことから、高品質でリーズナブルなタイヤをリリースしているGT Radialから、サーキット走行も視野に入れたウルトラハイパフォーマンスタイヤがリリースされました。
発売以来気になっていたこのGT Radial SX2に実際触れる機会がありましたのでご紹介いたします。

GT Radialはインドネシアのタイヤメーカーですが、長くミシュランパイロットスポーツの委託生産を請け負っていました。
現在もミシュランタイヤの資本が入っているそうで、安かろう悪かろう・・・のイメージがなかなか払拭できない他のアジアンタイヤとは一線か画するメーカーです。

そしてウルトラハイパフォーマンスカテゴリーに投入されたSX2。
トレッドデザインは国産のハイグリップラジアルタイヤにも似ていますね。
ドライグリップはもちろんのこと、排水性もしっかりと考えられているのが伺えます。


興味深いのはセンターに2本切られた排水用の溝。
よく見ると3段になっていますね。
これはタイヤが摩耗していくに従って、トレッド面積が増えるように配慮されているんだとか。

実際サーキットを走られた方によると、先ず感じられたのはサイドウォール剛性の高さだそうです。
他のアジアンタイヤメーカーからもサーキット走行を視野に入れた銘柄はリリースされていますが、
中にはサイドウォールが柔らかく、足回りとのマッチングや空気圧設定がシビアなものもあるのは事実。

実際荷重をかけてみても、確かにサイドウォール剛性の高さを感じることが出来ました。

また、耐摩耗性が高く思いの外タレ難いそうです。
ただこの部分はサーキットラップタイムとのトレードオフとなっている可能性も考えられますので
先ずは装着して実際にじっくりとインプレッションしてみたいと思います。


現時点でのサイズラインナップは、15~18インチの14種類。

  • 225/40 ZR18 88W
  • 235/40 ZR18 91W
  • 245/40 ZR18 93W
  • 265/35 ZR18 XL 97W
  • 215/40 ZR17 83W
  • 235/40 ZR17 90W
  • 245/40 ZR17 91W
  • 215/45 ZR17 87W
  • 225/45 ZR17 91W
  • 235/45 ZR17 94W
  • 205/50 R16 87V
  • 225/50 R16 92V
  • 195/55 R15 85V
  • 195/50 ZR15 82W
性能と価格のバランスは非常に優れたタイヤですから、消耗品にかかる費用を抑えつつモータースポーツも楽しみたい方には強い味方になってくれるのではないでしょうか。

在庫状況やお見積りなど、お気軽にお問い合わせください。


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...