Google+ Badge

2017年5月9日火曜日

KOSHI Alfa Romeo 4C ドライカーボンパドルシフター


KOSHI Groupよりアルファロメオ4C用ドライカーボン製パドルシフターが入荷いたしました
ノーマルのシフトパドルはプラシチック製でサイズも小さく、正直チープな印象がありますが、このドライカーボン製パドルシフターは他のKOSHI製品同様非常にクォリティの高いものに仕上がっています。


インテリアを引き締めるドライカーボン製の輝きはもちろんですが、しっとりとした手触りとステアリング操作中のシフトチェンジもやりやすいサイズは、ノーマルと比べてかなり印象が変わるのではないでしょうか?

因みにこちら側が普段は目にすることのない、裏面となります。

ドライバーから視界に入るのは、こちら側。
シフトアップ(+)、シフトダウン(マイナス)の表示付き。

ステアリングから手を伸ばした所にちょうどフィットする様緩やかなカーブを描くようにデザインされたシフトパドル。
常に手に触れる部分ですから、満足度は非常に高い物になるはずです。

KOSHI製ドライカーボンパーツは、プリプレグカーボンファイバー製で140°6barの高温・高圧力のオートクレーブで成形しております。
また仕上りは耐久性の高いハイグロス仕上げ(PPG-D880)とセラミッククリアコーティング(PPG-D8122)を施してあります。

装着は両面テープでの装着となり、カラーはレッド、イエロー、ホワイトからお選びいただけます。

有限会社エバーグリーンコーポレーションKOSHI Group日本正規輸入販売店として、Alfa Romeoをはじめ、FERRARI、FIAT、ABARTH、PORSCHE、BMW、AUDI、MECEDES BENZ、VOLKS WAGEN、NISSAN、KAWASAKI各メーカー用ドライカーボン製品を輸入販売しております。

KOSHI Group製品に関するお問合わせ御見積りはお気軽にお問合わせください


有限会社エバーグリーンコーポレーション

2017年4月28日金曜日

Alfa Romeo 4C用 LSD(Limited slip differential)販売開始!!


アルファロメオ4Cオーナー様待望のLSDの販売を開始いたしました!
ミッドシップハイパワーのスポーツカーでありながら、LSDが標準装着されていない4Cですが、サーキットやスポーツ走行等限界付近のリアの挙動は唐突でシビア。


電子制御デファレンシャルシステムのQ2では不満をお持ちの方もいらっしゃると思います。
特にコーナーの立ち上がりで唐突にリアが滑り出し、怖い思いをされた方も多いのではないでしょうか。


サーキット走行やスポーツドライブでは、コーナリングの立ち上がりやブレーキング時の安定性が向上するLSDは必須のアイテムです。

プロメテオメカニカ製ヘリカルLSD(リミテッドスリップデフ)は数々のテストを繰り返し、加速時30%、減速時40%のロッキングレートに設定してあります。
メーカーに因るとアルファロメオ4Cにはこの配分が最も適しているとのことです。

純正で装備されているアルファロメオのQ2システムとも互換性があり、LSDを装着したことによってその機能が阻害されることはないそうです。

Alfa Romeo 4C用 LSD


パッケージ内容:LSD本体、ベアリング、シール

販売価格:250,000円(税込 270,000円)


納期はメーカーに在庫がある場合、およそ2週間程度を予定しております。

※アルファロメオによりますと、アルファロメオ4Cはミッドシップであるため、LSD装着にあたってはトランスミッション、エンジンを降ろす必要があるそうです。
その為装着に掛かる工賃はFF、FRと比べて高額となります。

工賃につきましては、ご注文頂く前に事前に装着されるショップ様へお問い合わせされる事をお勧めいたします。

有限会社エバーグリーンコーポレーション

2017年4月13日木曜日

HOOSIER R7&A7にヒートサイクルサービスを施工いたしました


サーキットでの競技専用タイヤとして非常に人気のHOOSIER R7、A7ヒートサイクルサービスを施工いたしました。
ヒートサイクルサービスとは、お客様の元へ出荷前に、専用のホイールにタイヤを組みつけ、適切なタイヤ表面温度管理の下で専用の設備でタイヤに熱入れを施し、十分に休ませる事でタイヤのゴムの分子の再結合を促進します。


一度温度が上がったゴムの分子は、それが冷える過程で分子同士の結合がより強固なものになります。 

その結果、競技に使用される際は皮むきやタイヤのランニングインをする事なく、直ぐにタイムアタックに入れる事が大きなアドバンテージになります。

また、適切なヒートサイクルを施したタイヤは、未処理のタイヤと比べて磨耗寿命が1.5倍ほど長く、またタイヤライフ後半になっても性能の低下が非常に緩やかになり、最後までタイムの落ちが少なくなります。

ヒートサイクルを施したタイヤ表面は、一見して通常の新品タイヤとは異なり、熱が入って表面のゴムはねっとりとした手触りで如何にもグリップしそうな状態となっています。



ヒートサイクルサービスにつきましては、こちらのBlog記事に詳しくご紹介しておりますので、ご興味お有りの方は併せてご覧ください。

競技用タイヤ向けヒートサイクルサービス


ヒートサイクル処理済みのタイヤには、マーキングを施しております。

また、ヒートサイクルサービスは以下の銘柄に対応しております。
その他国産Sタイヤにつきましては、現時点では対応しておりませんのでご了承ください。
・HANKOOK Ventus Z214
・HOOSIER A7&R7,Radial wet H2O
・KUMHO Ecsta V700
・BFGoodrich g-Force R1&R1S
・TOYO Proxes RR,RA1,R888,R888R
・Michelin Pilot Sport Cup2,Cup+ 



2017年3月21日火曜日

アルファロメオチャレンジ2017関西シリーズ開幕戦


2017年アルファロメオチャレンジ関西シリーズ開幕戦が、路面改修された直後の岡山国際サーキットで開催されました。
今年もヨーロッパ車の走行会&模擬レース、ETCCも同時開催。

今回はエントリー台数が少なく、いつもより寂しかったのは残念でしたが、レースA、レースB、Cともに抜きつ抜かれつのバトルが各所で繰り広げられ、非常に見応えのあるレースを楽しむことが出来ました。


また、路面回収直後、SUPER GTのテスト翌日ということもあり、タイムアタッククラスでもタイムアップが見られたようです。

コース改修のポイントは排水性の向上と縁石の変更だったようです。
特にインフィールドと最終コーナーの縁石は外側を使うことができなくなったので、コースの外側ギリギリまで使って走行されていた方にとっては、狭く感じられるかもしれません。


今回もサーキット入門教習インストラクターとして参加していましたので、スケジュール的に全ての走行枠の撮影はできませんでしたが、レースA決勝、レースBC決勝の写真は撮影することが出来ました。

フォトアルバムにまとめて掲載しましたので、お時間のある時にでもご覧いただけましたら幸いです。

フォトアルバム Alfa Romeo Challenge 2017 Kansai Round.1

次回イベントは4月9日開催の鈴鹿スペシャルまた、関西シリーズは6月11日日曜日 岡山国際サーキットとなっております。


有限会社エバーグリーンコーポレーション

2017年2月24日金曜日

アルファロメオチャレンジ関西シリーズ開幕戦募集開始!!


2017年アルファロメオチャレンジ関西シリーズ開幕戦のエントリー申し込みが始まっております!
今年も東北、関東、中部、関西、九州各シリーズが開催されるアルファロメオチャレンジ
同時にヨーローッパ車対象のレース&タイムアタックのETCC、フォルクスワーゲン&アウディ対象のVWAトライアルも開催されます。

エントリーは各地区のARCA認定協力店、またはアルファロメオチャレンジアソシエーション事務局にて受け付けております。

また、2017年シーズンも岡山国際サーキット限定のプログラム、サーキット入門教習も開催されるます。
インストラクターが助手席に同乗し、ご自分のペースでサーキット走行を体験できる非常に人気のプログラムです。

サーキット入門教習は、WEBエントリーのみとなっていますのでご注意ください。



有限会社エバーグリーンコーポレーション

2017年2月21日火曜日

ミシュランパイロットスポーツ 4S販売開始のご案内


ミシュランの新世代スポーツタイヤ、パイロットスポーツ4Sの販売を一足先に開始いたしました。
パイロットスポーツ4Sは、19インチ、20インチサイズを中心に展開される新世代のスポーツタイヤで、サーキット走行専用ともいえるパイロットスポーツカップ2に近く、パイロットスーパースポーツ、パイロットスポーツ 4よりも高いドライグリップ及びウェットグリップの性能を実現したという事です。


ドライグリップ
サーキット走行をも可能にする高いレベルのドライグリップ性能

ブレーキング
濡れた路面でもより安心のスポーツ走行を可能にする最高レベルのウェット性能 『a』を獲得。

走行安定性
広い接地面による優れたグリップがもたらす高い走行性能と高速安定性能

深いリムプロテクターとプレミアムタッチデザイン
・ハイパフォーマンスカーの大径ホイールを外傷から守る深いリムプロテクターを装備
・コントラストが映えるベルベット加工を施した独創的なプレミアムタッチデザイン

すべての性能を、妥協しない。
安全性、快適性、省燃費性能、そしてこれらの性能を持続させるための耐久性など、タイヤにはたくさんの性能が求められます。
そこで私たちは、あるひとつの性能に秀でたものをつくるのではなく、すべての性能を追求する道を選びました。
どの性能も水準以上のパフォーマンスを備え、かつ、それぞれが調和していること。それが「ミシュラン・トータル・パフォーマンス」

日本国内では4月からの販売となりますが、有限会社エバーグリーンコーポレーションでは一足早くお取り扱いを開始いたしました。

ミシュランパイロットスポーツ4S サイズラインナップ


245/40ZR18 (97Y)

225/35ZR19 (88Y)
225/40ZR19 (93Y)
225/45ZR19 (96Y)
235/35ZR19 (91Y)
235/40ZR19 (96Y)
245/35ZR19 (93Y)
245/40ZR19 (98Y)
255/30ZR19 (91Y)
255/35ZR19 (96Y)
265/30ZR19 (93Y)
265/35ZR19 (98Y)
275/30ZR19 (96Y)
275/35ZR19 (100Y)
285/35ZR19 (103Y)
295/30ZR19 (100Y)
305/30ZR19 (102Y)
325/30ZR19 (105Y)

235/35ZR20 (92Y)
235/45ZR20 (100Y)
245/30ZR20 (90Y)
245/35ZR20 (95Y)
245/40ZR20 (99Y)
255/35ZR20 (97Y)
255/40ZR20 (101Y)
255/45ZR20 (105Y)
265/30ZR20 (94Y)
265/35ZR20 (95Y)
275/30ZR20 (97Y)
275/35ZR20 (102Y)
285/30ZR20 (99Y)
285/35ZR20 (104Y)
295/30ZR20 (101Y)
305/30ZR20 (103Y)
345/30ZR20 (106Y)

御見積などはお気軽にお問合わせください。

有限会社エバーグリーンコーポレーション

2017年1月24日火曜日

RAGAZZONバルブコントロール付マフラー for Alfa Romeo Giulietta


アルファロメオジュリエッタにお乗りのお客様の中には、もうちょっとスポーティなマフラーサウンドを手に入れたいという方も多いはずです。
そんな方には、イタリアのマフラーメーカーRAGAZZONからリリースされている、バルブコントロール付マフラーは如何でしょうか?


こちらのマフラーは、バルブコントロールシステムの内蔵されたセンターパイプと、サイレンサーの無いリアパイプのセットのシステムとなっており、バルブコントロールはリモートコントロールで行う仕様です。


バルブコントロール付センターパイプには、センターマフラーが装着されております。


こちらのマフラーはテールパイプフィニッシュのデザインを選択することが可能です。

・90 mm Classic 
・90 mm Racing 
・102 mm Classic 
・102 mm Racing 
・102 mm DoubleShot 
・2x80 mm Classic
 リアエプロンの加工或いはCadamulo製リアデフューザーの装着が必要となります
・2x100 mm CarbonShot マット調仕上げ
・2x100 mm CarbonShot lucido tailpipes クリア仕上げ

Ragazzon製バルブコントロールマフラー(Alfa Romeo Giulietta用)

 ・電子制御フラップ付センターサイレンサー
 ・カーボンテールパイプフィニッシュ リアパイプ
 ・リモコン、コントロールユニット、ワイヤーハーネス、シリコンホース、マウントキット  
 ・取扱説明書(英語)  

バルブを閉じた状態で、EU諸国の排気規制に対応した製品 (Eマーク付)となっておりますが、日本の音量計測方法の違いと、各検査場の検査官の判断となるため車検適合との断言は出来かねます。
お取り付けに際し、バンパー等特別な加工は必要ないはずですが、海外製品ですので多少の加工が必要になる可能性が考えられます。 

受注生産の為、納期はおよそ1ヶ月程度を予定しております。

有限会社エバーグリーンコーポレーション

2016年11月21日月曜日

KOSHI Alfa Romeo 4C Carbon Parts販売開始!!


この度有限会社エバーグリーンコーポレーションでは、ドライカーボンのスペシャリストKOSHI Groupの正規日本代理店となりました。

FerrariやLamborghini社へ供給されているものと同じデルタプレグを用いた、プリプレグカーボンファイバー製の高品質ドライカーボン製品です。
ドライカーボン製品は全て140°C – 6 barのオートクレーブテクノロジーによって整形されています。
またその表面は ハイグロスセラミックコート仕上げ。

見た目の美しいカーボン製品は多くありますが、このドライカーボン製品は見た目の美しさだけではなく、完璧なフィッティングをお約束する高品質な仕上げもセールスポイントとなっています。



外装パーツ、内装パーツ共に純正品との交換、装着に完璧なフィッティングを実現しています。
アルファロメオ4Cの複雑なRのサイドスカートにも、ピッタリとフィットし全く隙間などはありません。
また、よりチリ合わせなどに神経を使う内装パーツについても、内部の爪の位置やチリ合わせなどは純正部品と全く変わりません。

成形技術の高さは素晴らしい物でした。


今回正式販売に先駆けて、Alfa Romeo 4Cオーナー様に数アイテムを装着していただきましたので、ご紹介いたします。


ドライカーボン製フロントリップスポイラー


ドライカーボン製サイドスカートシャークフィン




ドライカーボン製インストルメントゲージフレーム



ドライカーボン製センターMTAコントロールカバー



ドライカーボン製エアコンパネルカバー


ドライカーボン製レッドインテリアドアハンドル


現在Alfa Romeo 4C用カーボン製品は、ホームページを作成中です。
今回ご紹介した物の他にもドライカーボン製ドアパネル、リアスポイラー、エンジンカバー等多くのラインナップがございますので、どうぞお気軽にお問合せください。

schwarz

今回これらのパーツは、神戸市名谷のショップ、schwars(シュバルツ)様にてお取り付けをお願いいたしました。
国産車から外国車まで、タイヤ・ホイールは元より、お客様のあらゆるニーズに応えていただけるショップ様です。




作業の様子をオーナー様と共に拝見させて頂きましたが、車の事を熟知しておられ、非常に丁寧で手際が良い作業に驚きました。

今回の様なデリケートなパーツの位置合わせ、フィッティングも安心してお任せできると思います。

日々のオイル交換、タイヤ交換から、チューニング、ドレスアップのご相談まで、お近くの方はぜひ立ち寄られては如何でしょうか。

schwarz(シュバルツ)
〒655-0852
兵庫県神戸市垂水区名谷町605
TEL 078-704-6263


 有限会社エバーグリーンコーポレーション
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...